チェンマイで悠々として急げ!

カレン族の村から迷い出たクンター(爺様)のよれよれ、とぼとぼ「再生記」

カテゴリ: チェンマイのイベント

水掛け起源

本尊の右手から伸びた白木綿の聖糸が「毎日の仏像」につながり。

そこから、「日曜日」「月曜日」・・・と曜日ごとの守護仏に繋がってゆく(水曜日は昼と夜の2仏がある)。

先ずは、かつて見た中で一番ハンサムと思われる本尊仏像に入念にお参りしてから、「毎日の仏像」の肩に水をかけて浄める。

IMG_25620413_075933

曜日仏

子供と爺様


そして、自分の生まれた曜日の守護仏像に賽銭をあげ、やはり水で浄めて、特に「宝くじ当選祈願」に力を込めた。

ちなみに、私の誕生曜日は金曜日で立像だ。

本当は、火曜日の「寝釈迦」が性分に合っているのだがなあ。

土曜日から


格好良さでは、蛇神を背負った土曜日の「ナーダ仏」が一番だ。

これこれ、不信心者は、これだからいけません。

★チェンマイで運転手付きワゴン車&乗用車が必要になったら!
【連絡先】 SV GLOW Co., Ltd.
*日本語電話 09-3291-0786
*e-mail : bestdrive-chiangmai@yahoo.co.jp
*URL : https://www.facebook.com/kunta2627/

★あなたのワンクリックが爺様のサバイバルを救う!?
 今日も応援クリックをよろしく!

アジア(海外生活・情報)ランキング

★クンター、今日のお薦めです。
狂龍 (Asia Fiction Pocket Book)
吉田 清
CRAZY DRAGON PUBLISHING
2019-03-10


トゥン


週末の13日から始まるソンクラーンに備えて、近所のお寺でも準備が始まっている。

色とりどりの旗のようなものは「トゥン」と言って、干支が描かれたタイ式の幟である。

干支のぼり


これには「先祖供養」の意味合いが込められ、まだ昇天できない迷い霊を改めて空へ送るという役割も果たすらしい。

川から運んだ砂で作る「砂の仏塔」には、土地に感謝するという意味が込められ、信徒の足裏について外に運ばれた土や砂を新年にお寺に戻す、という意味合いもあるらしい。

砂のチェディ


かつて住んでいた山奥の寺では、14日に多数の信徒がそばの川からバケツで砂をすくい運んで来ては、巨大な砂の仏塔を作っていた。

これもタンブン(功徳)の一種で、吉数の「3度運びタンブン」をやれば、重くて足腰がヘロヘロになった。

この「砂運びタンブン」を3年連続で一緒にやった爺様の良き理解者「ぷよよさん」も、今は亡い。

      *

残念なことに、この郊外田舎町の寺そばには砂が運べるような広い川はない。

いや、遊歩道のそばの小さな川からは掘れそうだったが、今は3面舗装のために大工事中だ。

だから、どこかから運んできた砂を効率よく使う為に、こうしてブリキの板で囲ったのかもしれないなあ。

★毎日更新のFacebookはこちらから。
www.facebook.com/kiyoshi.yoshida.752

★チェンマイで運転手付きワゴン車&乗用車が必要になったら!
【連絡先】 SV GLOW Co., Ltd.
*日本語電話 09-3291-0786
*e-mail : bestdrive-chiangmai@yahoo.co.jp
*URL : https://www.facebook.com/kunta2627/

★あなたのワンクリックが爺様のサバイバルを救う!?
 今日も応援クリックをよろしく!

アジア(海外生活・情報)ランキング

★クンター、今日のお薦めです。
狂龍 (Asia Fiction Pocket Book)
吉田 清
CRAZY DRAGON PUBLISHING
2019-03-10


th_IMG_1922

 
 70年代初めから80年代末にかけて一世を風靡したロックバンド「Queen」。

 恐るべき広域音程の持ち主だったリードボーカルのフレディ・マーキュリーは、あの伝説的な「LIVE AID」での熱狂的な演奏を最後に、非情のHIV感染を仲間に告白したという。

 進行する病状と衰える体力、そして何よりも世間の謂われなき偏見と蔑視に苦しみながらも音楽への情熱を失うことなく、まさにQueenのごとく誇り高く、孤絶の中でひとり闘いながら燃え尽きた。

        *

 その生涯を追った映画「ボヘミアン・ラプソディ」は、「館内応援型鑑賞(一緒に歌い叫び踊る)」というユニークな上映スタイルを生み出しつつ数々の興行記録を打ち破り、ついに「アカデミー賞5部門」にノミネートされた。

 以下にシェアした映像は、その「LIVE AID」での迫真の演奏シーンである。

 https://youtu.be/A22oy8dFjqc

 爺さまのFacebookには映画シーンとの対比動画を載せたのだが、こちらの方がずっと演奏に集中できる。

 そして今日、チェンマイでは今日の午後5時20分から、この映画が上映されるらしい(SFX CINEMA MAYA Chiangmai )。

 気になるのは「英語吹き替え」という表記なのだが、これ一体、どういう意味なのだろう?

 何よりも問題なのは、映画館のクレイジーなまでの冷房の効き過ぎだ。

 12年ほど前、初めてチェンマイの映画館で長大な歴史映画「ナレースワン大王」を観たのだが、見終わった頃にはぶるぶるで、その夜からてきめんにひどい風邪をひいてしまったのである。

 あれから、一度も映画館には入っていない。

        *

 あの寒さに対抗するには、毛糸の帽子、セーター、ダウンジャケット、厚手のズボン、靴下などなど、完全な防寒対策が必要だ。

 さて、先々の食費を削ってそれらを買いに走るか。

 いずれ「YOUK」などで、著作権無視の犯罪的な完全放映がなされるのを待つか。

 女王様よ、それが問題なのだ!

★チェンマイで運転手付きワゴン車&乗用車が必要になったら!
【連絡先】 SV GLOW Co., Ltd.
*日本語直通電話 09-3291-0786
*e-mail : bestdrive-chiangmai@yahoo.co.jp
*URL : https://www.facebook.com/kunta2627/?modal=admin_todo_tour

★あなたのワンクリックが爺様のサバイバルを救う!?
 今日も応援クリックをよろしく!

アジア(海外生活・情報)ランキング

★クンター、今日のお薦めです。
フレディ・マーキュリー~孤独な道化~
レスリー・アン・ジョーンズ
ヤマハミュージックメディア
2018-12-20

カオソーイ3

またまた、爺様も暇なこったねえ。

今度はいってえ、なにをおっぱじめるつもりなんだい? 

え、カオソーイ愛好会?

そんなもなあ、おまいさんよお。

うまけりゃ黙って、ワシワシ喰やあそれでいいのさあ。

ゴタゴタ理屈なんぞ並べるから、スープは濁る、麺は伸びる、母ちゃんにゃあ逃げられる。

ついでに、まずいカオソーイ屋が人気店とし幅を利かす、でけえ面をするんだよお。

え?

親愛なる同士諸君、だからしてえ我々えチェンマイ・カオソーイ愛好会はあ、真摯なる自己否定の上に立ってえ、敢然たる理論武装を貫徹しい、不退転の覚悟で悪を倒しい、邪をただしい、正義の道を進もうではないかあ!

どん!(机を叩く音) 

カオソーイ1


勝手にしろい!

じゃあ、おいらあ先に行って、いつもの旨いカオソーイ屋で待ってるからよ。

♪今日もカ〜オソイ、明日もカ〜オソイ、これじゃ年がら年中、カオソ〜イ、カ〜オソイ♪

 会員の皆様、エノケンの「コロッケの唄」のメロディに乗って、今日も元気に歌いましょう!

カオソーイ2


★愉快なお仲間、募集中です!

★高尚なる当会の理念を以下に発表します!

★“究極のカオソーイ”求め、云いたい放題、食べたい放題! バンザーイ!バンザーイ!バンザーイ!

*ご入会はFacebookページ「チェンマイフレンドリー・カーサービス」画面の下の方に表示されている「グループ」で会名をクリックしてみてください。
【連絡先】 SV GLOW Co., Ltd.
*日本語専用電話 09-3291-0786 (広報支援ボランティア直通)     
*日本語専用e-mail : bestdrive-chiangmai@yahoo.co.jp
*URL : https://www.facebook.com/kunta2627/?modal=admin_todo_tour

★チェンマイ&北タイ旅のご相談はこちらから。
 https://traveloco.jp/loco/kuntaa2726

★チェンマイで運転手付きワゴン車&乗用車が必要になったら「チェンマイフレンドリー ・カーサービス」へ!
【連絡先】 SV GLOW Co., Ltd.
*日本語専用電話 09-3291-0786 (広報支援ボランティア直通)     
*日本語専用e-mail : bestdrive-chiangmai@yahoo.co.jp
*URL : https://www.facebook.com/kunta2627/?modal=admin_todo_tour

★あなたのワンクリックが、ご乱心の爺様を救う!?
 今日も応援クリックをよろしく!

アジア(海外生活・情報)ランキング

★クンター、今日のお薦めです。

大物7キロ

 チェンマイ一帯の釣り池では、毎週日曜日、釣果によって獲得賞金を競い合う「フィッシング・コンペ」が行われているという。

「そりゃあ、面白そうだ! さっそく、稼ぎに行こう!」

 慢性金欠病患者の爺様が、いたく興奮してそう叫ぶと、釣り好きの友人がさっそく現場に案内してくれた。

     *

 会場の釣り池に入って行くと、まあ、いるわ、いるわ。
混雑

 さほど大きくない釣り池のまわりが、人でびっしり埋め尽くされている。

 近づいてみると、日除けのアンブレラを広げた釣り人たちが、肩を並べるようにして竿を振ったり、釣り糸を垂れたりしている。
釣れた?

 対岸も、同様だ。
対岸でも

 ちょうど昼時で、飯を食べながら浮子をにらんでいる人もいる。
昼飯

 今日の挑戦者は、なんと制限リミット一杯の120人!

    *

 このコンペの対象魚は、ナマズである。

 エントリー料金は、一人1,000バーツ(約3,500円)。

 決して安くはない金額だが、予約は週初めにすぐに一杯になるそうである。

 コンペの仕組みは、いとも簡単だ。

 朝9時から夕方の5時までの間に、一番重量のあるナマズを釣りあげた人が優勝である。

 一等賞金は、なんと5万バーツ!

 1位から20位までが、賞金の対象になる。

 ニコニコ丸顔の親爺が愛想を振りまく受付&計量所の奥に、「一等10万バーツ!」と大書した古い垂れ幕が貼ってある。
ビッグイベント

 これは何だと訊けば、たまに「ビッグイベント」を開催することがあり、そのエントリー料金は通常の倍の2,000バーツなのだという。

 もしも優勝すれば、エントリー料を差し引いても9万8,000バーツ。

 これを聞いた爺様の血圧は、にわかに急上昇。

 両手をわなわな震わせ、心臓をバクバクさせながら「釣らぬ大魚のキロ算用」にふけるのであった。

     *

 待つ事しばし。

 手前奥の釣り場で、大物がかかった(冒頭写真)。

 奮闘の末にようやく取り込んだ釣り師が、大きなすくい網に獲物を入れ、息を弾ませながら計量所に駆け込んでくる。
計量に臨む

 スタッフが暴れる大物を足とタオルで抑え込み、手早く鈎を外してから計量器に載せる。
計量

 なんと、7キロである。

 おお、優勝かあ!?

 だが、午前中にはすでに10キロの大物があがっているのだという。
 
 うーむ、残念。

 これまでのコンペにおける最重量記録は、15キロなのだそうな。

     *

 それにしても、暑い。

 気温は35℃に近いだろう。

 いかに日除けがあるとはいえ、この炎天下で朝の9時から午後の5時まで粘るなんて、とても堪えられそうにない。
人がずらり

 むろん、高額賞金獲得への夢が原動力であるには違いない。

 だが、わずか100メートルの距離でさえ歩くのを嫌い、バイクを使う多くのタイ人たちの平常の振る舞いからすると、この場における我慢強さは「異様」としか言い様がない。

 かくして、「濡れ手に粟」をもくろんだ爺様の甘い目論みは、体力、気力の衰えの面から、瞬時に「泡」と化したのだった。

     *

 それにしても、タイ人の発想は奇抜である。

 たとえ、夕方には賞金を払わねばならぬにしても、入場制限一杯の120人がエントリー料金1,000バーツを前払いするのだから、このニコニコ丸顔の親爺の懐には、すでに12万バーツもの大金が転がり込んできたわけだ。

 これに、餌代や昼食代、飲み物代などを含めれば、まさに「濡れ手に札束」である。

 ニコニコするのは、当然だわなあ。

 この果報者め!
受付

 一等5万バーツを筆頭に20位までの賞金を、仮に総計9万バーツと見積もっても、わずか1日で3万バーツ以上のあがりなのである。

 タイ人の一日最低賃金が300バーツであることからすれば、これは強欲きまわりない「天才的な詐欺商法」と言うべきであろう。

 絶対に許せない悪魔の所業である。

 ああ、実にうらやましいなあ。

*もしも、運転手付きワゴン車&乗用車が必要になったら。
【連絡先】 SV GLOW Co., Ltd.
*日本語専用電話 09-3291-0786 (広報支援ボランティア直通)     
*日本語専用e-mail : bestdrive-chiangmai@yahoo.co.jp
*URL : https://www.facebook.com/kunta2627/?modal=admin_todo_tour

★あなたのワンクリックが爺様を救う!?
 今日も応援クリックをよろしく!

アジア(海外生活・情報)ランキング

★クンター、今日のお薦めです。

↑このページのトップヘ