チェンマイで悠々として急げ!

カレン族の村から迷い出たクンター(爺様)のよれよれ、とぼとぼ「再生記」

カテゴリ: チェンマイのイベント

 
講義会場

 かつて、ミャンマー国境に近いカレン族の村で暮らしていた爺様自身が、“ミャンマーの今を知りたい”と無い智恵絞って企画した「チェンマイわいわい映画塾」。

 なんと、7月28日の当日には『一杯のモヒンガ—』を監督した北角裕樹さんが、ヤンゴンから手弁当で空を飛んでやって来てくれることになりました。

 わあ、大変だ、どうしよう、どうしよう、誰も見に来なかったらどうしよう!?

 パニックになりかけた爺様に、今度は情報紙の『CHAO(ちゃ〜お)』が温かい後援の手を差し伸べてくれました。

 7月10日発行の次号にも続報が掲載されます。

 なお、北角さんがヤンゴンで展開する幅広い文化事業については「ヤンゴン編集プロダクション」でサイト検索してみてくだされい。

*************

ちゃ~お(Chao)https://www.facebook.com/chao.chiangmai/

■第1回チェンマイわいわい映画塾開催

~見たい、気になる、あの人にも見せたい・・・そんな映画を一緒に見て、語って、ちょっぴりお勉強~
 
★第1回上映作品は、日本人若手監督による「日麺合作映画二本立て」です。
★当日は『一杯のモヒンガ—』の北角裕樹監督(ヤンゴン編集プロダクション代表)が、ヤンゴンから駆けつけてくれます。映画作りを含めたミャンマーの最新文化事情を知る絶好のチャンスです。

★2作品とも「2019年東京映画祭新人監督賞入選」など、数々の国際賞を受賞しています。
★参加費は無料。16席限定ですので、予約はお早めに。なお、 上映終了後は近くのお店で懇親会を予定しています。

【上映作品】

①『一杯のモヒンガ—』(北角裕樹監督・28分)
 ミャンマーの伝統的麺料理「モヒンガ—」作りを通じて父親の復讐を目論み、悪の巨大組織に挑む若い料理人のとんでもない料理バトルを描くコメディ映画。
 2018年夕張映画祭招待作品。ニューヨーク映画賞最優秀パロディ賞受賞。日本語字幕付き。

②『アンセスターズ・メモリーズ』(茂野新太監督・48分) 
 ミャンマー舞台のドキュメンタリー映画。日本人とミャンマー人の学生が「戦争と旧日本軍」の記憶を求めて、高齢証言者や慰霊地を訪ね歩く旅へ出た。そこで彼らが聞き知った「戦争の姿」とは? 
 2019年3月期ロサンジェルス映画賞で最優秀中編ドキュメンタリー賞受賞。日本語字幕付き。

【日時】7月28日(日)14:00~17:00
【場所】パンティッププラザ3階「タイ語学校TSL」受付左隣り教室にて。
【予約】kuntaa.yoshida@gmail.com(吉田)
【後援】CHAO(ちゃ〜お)、タイ語学校TSL

※一杯のモヒンガー予告編

https://www.youtube.com/watch?v=B1CIZHtaNrY

※「アンセスターズ・メモリーズ」予告編
https://www.facebook.com/watch/?v=398909570942125

★クンター、今日のお薦めです。
狂恋 in ニューヨーク (旅する人に贈るノンフィクション文庫)

講義会場



*後援:情報紙『CHAO(ちゃ〜お)』、タイ語学校TSL*

★見たい、気になる、人にも見せたい・・・そんな映画を一緒に見て、語って、ちょっぴりお勉強。

☆参加費無料。

★開催は7月28日(日)午後2時〜5時(無事終了後は近くの店で懇親会を予定)。

☆会場はパンティッププラザ3階のタイ語学校TSL受付左隣り教室にて(冒頭写真が会場になる教室です)。


《第一回上映作品は日本人若手監督による“日麺合作映画二本立て”》

①『アンセスターズ・メモリーズ』(茂野新太監督・48分)
 ミャンマー舞台のドキュメンタリー映画。日本人とミャンマー人の学生が「戦争と旧日本軍」の記憶を求めて、高齢証言者や慰霊地を訪ね歩く旅へ出た。そこで彼らが聞き知った「戦争の姿」とは? 2019年3月期ロサンジェルス映画賞で最優秀中編ドキュメンタリー賞受賞。日本語字幕付き。

②『一杯のモヒンガ—』(北角裕樹監督・28分)・・・ミャンマーの伝統的麺料理「モヒンガ—」作りを通じて父の復讐を目論み、悪の巨大組織に挑む若い料理人のとんでもない料理バトルを描くコメディ映画。2018年夕張映画祭招待作品。ニューヨーク映画賞最優秀パロディ賞受賞。日本語字幕付き。

★2作とも上記以外に「2019年東京映画祭新人監督賞入選」など数々の国際賞を受賞しています。

☆ミャンマーに詳しい謎のゲスト講師も招く予定です。

★予告編はこちらから。
https://www.facebook.com/watch/?v=398909570942125
https://www.youtube.com/watch?v=B1CIZHtaNrY

★16席限定。予約はお早めにメールにて! メッセンジャーでもどうぞ。 
 blastk2626@yahoo.co.jp (吉田)

水掛け起源

本尊の右手から伸びた白木綿の聖糸が「毎日の仏像」につながり。

そこから、「日曜日」「月曜日」・・・と曜日ごとの守護仏に繋がってゆく(水曜日は昼と夜の2仏がある)。

先ずは、かつて見た中で一番ハンサムと思われる本尊仏像に入念にお参りしてから、「毎日の仏像」の肩に水をかけて浄める。

IMG_25620413_075933

曜日仏

子供と爺様


そして、自分の生まれた曜日の守護仏像に賽銭をあげ、やはり水で浄めて、特に「宝くじ当選祈願」に力を込めた。

ちなみに、私の誕生曜日は金曜日で立像だ。

本当は、火曜日の「寝釈迦」が性分に合っているのだがなあ。

土曜日から


格好良さでは、蛇神を背負った土曜日の「ナーダ仏」が一番だ。

これこれ、不信心者は、これだからいけません。

★チェンマイで運転手付きワゴン車&乗用車が必要になったら!
【連絡先】 SV GLOW Co., Ltd.
*日本語電話 09-3291-0786
*e-mail : bestdrive-chiangmai@yahoo.co.jp
*URL : https://www.facebook.com/kunta2627/

★あなたのワンクリックが爺様のサバイバルを救う!?
 今日も応援クリックをよろしく!

アジア(海外生活・情報)ランキング

★クンター、今日のお薦めです。
狂龍 (Asia Fiction Pocket Book)
吉田 清
CRAZY DRAGON PUBLISHING
2019-03-10


トゥン


週末の13日から始まるソンクラーンに備えて、近所のお寺でも準備が始まっている。

色とりどりの旗のようなものは「トゥン」と言って、干支が描かれたタイ式の幟である。

干支のぼり


これには「先祖供養」の意味合いが込められ、まだ昇天できない迷い霊を改めて空へ送るという役割も果たすらしい。

川から運んだ砂で作る「砂の仏塔」には、土地に感謝するという意味が込められ、信徒の足裏について外に運ばれた土や砂を新年にお寺に戻す、という意味合いもあるらしい。

砂のチェディ


かつて住んでいた山奥の寺では、14日に多数の信徒がそばの川からバケツで砂をすくい運んで来ては、巨大な砂の仏塔を作っていた。

これもタンブン(功徳)の一種で、吉数の「3度運びタンブン」をやれば、重くて足腰がヘロヘロになった。

この「砂運びタンブン」を3年連続で一緒にやった爺様の良き理解者「ぷよよさん」も、今は亡い。

      *

残念なことに、この郊外田舎町の寺そばには砂が運べるような広い川はない。

いや、遊歩道のそばの小さな川からは掘れそうだったが、今は3面舗装のために大工事中だ。

だから、どこかから運んできた砂を効率よく使う為に、こうしてブリキの板で囲ったのかもしれないなあ。

★毎日更新のFacebookはこちらから。
www.facebook.com/kiyoshi.yoshida.752

★チェンマイで運転手付きワゴン車&乗用車が必要になったら!
【連絡先】 SV GLOW Co., Ltd.
*日本語電話 09-3291-0786
*e-mail : bestdrive-chiangmai@yahoo.co.jp
*URL : https://www.facebook.com/kunta2627/

★あなたのワンクリックが爺様のサバイバルを救う!?
 今日も応援クリックをよろしく!

アジア(海外生活・情報)ランキング

★クンター、今日のお薦めです。
狂龍 (Asia Fiction Pocket Book)
吉田 清
CRAZY DRAGON PUBLISHING
2019-03-10


th_IMG_1922

 
 70年代初めから80年代末にかけて一世を風靡したロックバンド「Queen」。

 恐るべき広域音程の持ち主だったリードボーカルのフレディ・マーキュリーは、あの伝説的な「LIVE AID」での熱狂的な演奏を最後に、非情のHIV感染を仲間に告白したという。

 進行する病状と衰える体力、そして何よりも世間の謂われなき偏見と蔑視に苦しみながらも音楽への情熱を失うことなく、まさにQueenのごとく誇り高く、孤絶の中でひとり闘いながら燃え尽きた。

        *

 その生涯を追った映画「ボヘミアン・ラプソディ」は、「館内応援型鑑賞(一緒に歌い叫び踊る)」というユニークな上映スタイルを生み出しつつ数々の興行記録を打ち破り、ついに「アカデミー賞5部門」にノミネートされた。

 以下にシェアした映像は、その「LIVE AID」での迫真の演奏シーンである。

 https://youtu.be/A22oy8dFjqc

 爺さまのFacebookには映画シーンとの対比動画を載せたのだが、こちらの方がずっと演奏に集中できる。

 そして今日、チェンマイでは今日の午後5時20分から、この映画が上映されるらしい(SFX CINEMA MAYA Chiangmai )。

 気になるのは「英語吹き替え」という表記なのだが、これ一体、どういう意味なのだろう?

 何よりも問題なのは、映画館のクレイジーなまでの冷房の効き過ぎだ。

 12年ほど前、初めてチェンマイの映画館で長大な歴史映画「ナレースワン大王」を観たのだが、見終わった頃にはぶるぶるで、その夜からてきめんにひどい風邪をひいてしまったのである。

 あれから、一度も映画館には入っていない。

        *

 あの寒さに対抗するには、毛糸の帽子、セーター、ダウンジャケット、厚手のズボン、靴下などなど、完全な防寒対策が必要だ。

 さて、先々の食費を削ってそれらを買いに走るか。

 いずれ「YOUK」などで、著作権無視の犯罪的な完全放映がなされるのを待つか。

 女王様よ、それが問題なのだ!

★チェンマイで運転手付きワゴン車&乗用車が必要になったら!
【連絡先】 SV GLOW Co., Ltd.
*日本語直通電話 09-3291-0786
*e-mail : bestdrive-chiangmai@yahoo.co.jp
*URL : https://www.facebook.com/kunta2627/?modal=admin_todo_tour

★あなたのワンクリックが爺様のサバイバルを救う!?
 今日も応援クリックをよろしく!

アジア(海外生活・情報)ランキング

★クンター、今日のお薦めです。
フレディ・マーキュリー~孤独な道化~
レスリー・アン・ジョーンズ
ヤマハミュージックメディア
2018-12-20

↑このページのトップヘ