チェンマイで悠々として急げ!

カレン族の村から迷い出たクンター(爺様)のよれよれ、とぼとぼ「再生記」

カテゴリ: 新たなる出会い

1


「狂恋 in 立山」と題したAmazonの読者レビューには、大いに励まされた。
 
 書いたのは安曇野在住のノンフィクション・シンガーソングライター、義田バサラ氏だ。

 正直に言えば、5月に出版した電子書籍『狂恋 in ニューヨーク』は自信作とは言えなかった。

 最後の最後まで、フィクションにするか、ノンフィクションで行くか、迷いがあったからである。

 そして、結局は「自分の書きたいように書く」というこだわりに従って、10数年前のニューヨーク体験にケリをつけることにしたのだ。

 そのヤケクソとも言える決断によって、『「遺された者こそ喰らえ」とトォン師は言ったータイ山岳民族カレンの村で』『狂龍(クワンロン)』『狂恋 in ニューヨーク』の“海外迷走3部作”はついに完結を見た。

 このわがままな作品提示を、バサラ氏は丸ごと受け止めてくれた。

 瑕瑾と思える箇所ですら、独自の感性で見事に掬い上げ、かつ救い上げてくれた。

 芝居や音楽なら、その場で見る人、聴く人の反応を知る事ができる。

 しかし、書くという行為は実に孤独な作業である。

 だからして、たった一人でも書き手の理解に努めてくれる読者がいるという事実は、限りない勇気を書き手に与えてくれるものである。

 極論すれば、「これで、いつ死んでもいい」と思わせてくれるのだ。

 そして、その思いは、また再び孤独な作業に没頭するだけの力へと変わってゆく。

 つまり、この読者がいる限り私は書き続けなければならないのである。

      ******************

「狂恋 in 立山」by義田バサラ

標高2450m。立山の主峰雄山の中腹に日本で一番星に近い駅「室堂」がある。
男はその場所で現在と過去の区別もつかないまま、彼女という未来の扉を開く鍵を探し続けている。

男は58、彼女は22。そして、それはまさしく「狂恋」・・・。

「共生と再生」という旗印をかかげ、作家は時に雄々しく、時に女々しくジュディという宝石を探し求める。漸く手に入れた安寧の時は、まるで驚いた猫のように一瞬で姿を消してしまう。それでも、作家は傷だらけの4回戦ボーイのように運命の糸をたぐり寄せようとする。

しかし、作家の戦いはあっけなく終わる。そこには有り体の恋愛小説に不可欠な圧倒的なトラジティも心踊るハッピーエンドも存在しない。ニューヨークのホテルの一室のベッドの上に引かれた作家とジュディとの境界線。作家はそれこそが二人の魂の境界線だったと気づいたのではあるまいか。3度目のニューヨーク行きを実行する気さえ失せる程に。

そして、ノンフィクション・ノベリストとしての作家の真骨頂もここら辺りにあるような気がするのは私だけだろうか。フィクションに慣れた私はどうしても絵に書いたような結末を求めてしまう。作家はいつもそいつを裏切って見せる。

ノンフィクションに結末などありはしない。
強いていえば、今、今日この時を生きることこそが結末なんだと。

★クンター、本日のお薦め!

解散前集合写真

 去る17日のことだが「チェンマイ戦没者慰霊祭実行委員会」が呼びかけている3カ所の慰霊碑・塔の清掃活動に参加した。

 毎週土曜市が開かれるWualai Rd.にあるWat Muen San(ムーンサーン寺)敷地内の野戦病院跡「戦没者慰霊碑」。
ムーンサーン寺慰霊碑

慰霊碑お詣り


 そこから1時間ほど走ったところにあるメーワン郡のバーンガート中・高併設校敷地奥にある「戦没者追悼碑」。
th_IMG_2869

th_IMG_2872


 そして、戦後も日本に戻らず、スーパーハイウエイ建設などに尽力したという“残留日本兵”藤田松吉氏(故人)が自費で戦友の遺骨を収集し建立したランプーンの「戦没勇士慰霊塔」。
th_IMG_2877

th_IMG_2931


 3カ所の碑や塔、ムーサーン寺の資料館などを洗い清めているうちに、なんだか不思議な力が湧いて来るのを感じた。

 そうして、新たな人との出会いによる不思議な縁や繋がりの広がりもまた。

★「チェンマイ戦没者慰霊祭実行委員会」サイトURL
https://chiangmai-memorial.jimdo.com/

★近況は、こちらから。Facebookは、毎日更新しています。
https://www.facebook.com/kiyoshi.yoshida.752?ref=tn_tnmn

小楊21歳


10数年前の中国落陽の三つ星ホテル。

旧式のパソコンしかないビジネスセンターで、わがまま放題、注文の多い僕のネット仕事を笑顔でテキパキと手伝ってくれた小楊(シャオヤン)は、まだ高校を出たばかりの新人研修生だった。

3人の先輩よりも、抜群に英会話が上手いのには驚いた。

その後、僕が雲南省麗江の納西族との交流にはまり、次には突如としてNYに通い始めた狂躁の時代。

彼女はホテルで働きながら自力で大学を卒業し、常に僕のことを実の父親のように気遣いながら、ネットビジネスの会社に転職した。

3年後、僕がチェンマイに辿り着いて狂躁から覚め、カレン族の女性と出会って、今後の去就に迷っていた頃。

僕は無性に小楊に会いたくなり、落陽に飛んで「大学入学祝い」を兼ねて西安と北京を共に旅した。

そうして、まだ21歳でボーイフレンドもいないという彼女に背中を押される形で、カレン族の女性が待つチェンマイに舞い戻り。

ついには、山奥の集落で暮らし始めたのだ。

3月10日に発売される小説『狂龍(クアンロン)』(Kindle版)には、そんな自らの混乱と狂躁と、そうして寛大で心優しい中国人たちとの心の触れ合いのいきさつが、詳しく描かれている。

     *

あれから、日々の暮らしに追われ。

ついに小楊とは会う機会もなく、いつの間にやら彼女は結婚して、つい先頃、二人目の女児を生んだ。

小楊


th_落陽の孫①


あの高校を出たばかりの、棗のような漆黒の瞳をした賢い娘は、今や30歳の母親になってしまったのだなあ。

そうして、あの18歳の小娘に心配ばかりかけていた55歳の「狂龍」は、今やチェンマイで独り66歳の「老龍」に成り果てた。

わが愛娘「Crazy Tiger(狂虎)」よ。

だが、わが体内に燃える「狂龍魂」はいまだ健在だ。

いつしかサバイバルの道を遂げたらば、たるんだ蛇腹を引き締め直し、いざ、落陽の空に飛翔見参!

一路平安! 再見!

縦


 朝の散歩に出ると、ここ半月以上も悩まされてきた右脛の痛みがまったく感じられない。

 いわゆる、「脊椎管狭窄症」が原因と思われる座骨神経痛の発生源となった右のお尻の窪みあたりにはまだ、鈍い不快な痛みが残るけれど。

 発生源はともかく、この右脛の痛みは、当事者にとっては曰く不可解、理不尽なものだっただけに、なんというか、このところ鬱屈していた心までがすっかりと晴れてしまったような爽快な気分である。

      *

 朝になると、やはりここ10日ほど悩まされてきた両足のむくみ、というよりもふくらはぎから下がパンパンに腫れあがる異様な症状も消え去るようになった。

 整体の専門家である日本の友人によれば、座骨神経痛と足のむくみには直接的な関係はなく、内臓疾患など他の原因が考えられるということだったのだが、こちらもひと安心だ。

 やや軽くなった心ですっかり馴染みになった裏通りを歩けば、まるですだれのように垂れた細長い茎に愛らしい白い花を無数につけた不思議な植物を見つけた。

横位置

アップ


 じっと見入っているだけでも、知らぬ間に長い時間が経ってしまうほどに魅力的だ。

      *

 別に誰に頼まれたわけでも、何の報酬があるわけでもなく、こうした芸術的な花が当たり前のように咲いているこの郊外の町の日常が、とても貴重なものに思えてくる。

 またひとり、愛くるしい新しい友人もできた。

 古い相棒も、喜んでくれている。

 そのことを祝すように、清冽な朝日が昇ってくる。

朝日


 この町で過ごしていれば、今日もきっといいことが起きるに違いない。

 そう言い切れる自分が、たまらなく嬉しい。

★チェンマイで運転手付きワゴン車&乗用車が必要になったら!
【連絡先】 SV GLOW Co., Ltd.
*日本人直通電話 09-3291-0786
*日本語専用e-mail : bestdrive-chiangmai@yahoo.co.jp
*URL : https://www.facebook.com/kunta2627/?modal=admin_todo_tour

★あなたのワンクリックが花に溺れた爺様を救う!?
 今日も応援クリックをよろしく!

アジア(海外生活・情報)ランキング

★クンター、今日のお薦めです。
新・冒険論 (インターナショナル新書)
角幡 唯介
集英社インターナショナル
2018-04-06


冒頭カチャマ


染織り好きのみき子さんが「ぜひ、この人に会いたい!」と指名したのがタイ人女性のKachamaさん。

メーリム在住のテキスタイルデザイナー&アーチストである。

かつて、テキスタイルを学ぶため日本に11年間も滞在していたという彼女。

英語でのインタビューの途中に、いきなり流暢な日本語が飛び出してきたのには、一同びっくり仰天。

Ms. Mikiko who likes dyeing and wearing "I definitely want to meet this person!" was Ms. Kachama.
She is a thai lady and a textile designer & artist living in Mae Rim at suburb of Chiangmai.
She once used to stay in Japan for 11 years to learn textiles.
In the middle of an interview in English, suddenly fluent Japanese jumped out, everyone was surprised .

ギャラリー全景

スタジオ扉

工事完了記念


完成したばかりの彼女のギャラリーには、タイや日本、山岳民族など伝統的な染めや織りの手法に学びながらも、そこに現代的なセンスや自然に根ざした思想を盛り込んだ斬新な作品群が展示されている。

In her new gallery, a group of original works incorporating contemporary sense and idea rooted in nature while learning from traditional dyeing and weaving techniques such as Thailand, Japan, and mountainous ethnic groups It is exhibited.

真珠

籾米素材

着物柄


その独創的なデザインは、「New York Times」にも取り上げられるなど、海外でも高い評価を得ているという。
Their ingenious designs are said to be taken up in the "New York Times" and are also highly evaluated overseas.

ドイツ大使館展


上の写真は、バンコクのドイツ大使館で催された展示会の招待状だ。

孔雀の羽をモチーフにした作品展示会のタイトルは「Feathers & Souls」

The photo above is an invitation to the exhibition held at the German Embassy in Bangkok.
Works with peacock feather motif The title of the exhibition is "Feathers and & Souls".

孔雀の羽


招待状には、本物の孔雀の羽が貼付されている。

In the invitation, genuine peacock feathers are affixed.

朝焼け

着物帯風

繊細

扇


われわれの訪問にも気さくに応じてくれ、汗びっしょりになりながら作品を紹介してくれた飾り気のないKachamaさん。

Ms. Kachama who greeted us with a pleasant visit and introduced us to the work while sweating.

長尺日の出から

超尺2


その姿には、好きなことにひたすら打ち込む少女のような純真なひたむきさが感じられた。

In it's appearance, I felt a genuine dedication like a little girl who concentrate on a favorite thing.

ここ数日の元番頭さん、人に出会う喜びをしみじみと感じているところだ。
In the past few days, I am being very happy by the pleasure of meeting people.

★Kachama's gallery web site:http://kachama.net
★You can wacth a movie on my Facebook!
 http://www.facebook.com/kiyoshi.yoshida.752?ref=tn_tnmn

★チェンマイ&北タイ自由旅のご相談はこちらから。
 https://traveloco.jp/loco/kuntaa2726

★チェンマイで運転手付きワゴン車&乗用車が必要になったら!
【連絡先】 SV GLOW Co., Ltd.
*日本人直通電話 09-3291-0786
*日本語専用e-mail : bestdrive-chiangmai@yahoo.co.jp
*URL : https://www.facebook.com/kunta2627/?modal=admin_todo_tour

★あなたのワンクリックが人間渇望症の爺様を救う!?
 今日も応援クリックをよろしく!

アジア(海外生活・情報)ランキング

★クンター、今日のお薦めです。

↑このページのトップヘ