1狂龍表紙横

★お届け日(発売日)は3月10日(日)です★

この一月に発売開始したKindle版第一弾『「遺された者こそ喰らえ」とトォン師は言ったータイ山岳民族カレンの村で』。

おかげさまで、「無料キャンペーン期間中」には相当の売れ行きでしたが、有料になったら、ぱったり(笑)。

でも、かつて紙の本を読んでくださった読者の皆様にも再読していただき、加筆した部分などについて温かい激励の言葉を頂戴して、モノを書いていて本当に良かったと痛感しています。

      *

さて、Kindle版第二弾にあたるこの新作小説『狂龍(クアンロン)』

いわば、『遺された者〜』の前編に当たります。

筆者名も、初の「クンター吉田」を使いました。

小説スタイルですが、ベースはほぼノンフィクションです。

『遺された者〜』の続編を望む多数の読者の声には、いまだ応え切れていない力不足の爺様ですが。

先ずは、カミさんの死をきっかけにして、およそ11年間に及んだ「オムコイ・サバイバルライフ」へと繋がったこの作品に、全身全霊を込めました。

取材にちょっと元手がかかったので、「発売記念無料キャンペーン」とはいきませんが、続編に当たる『遺された者〜』はまた「無料」でご提供したいと思います。

価格は、米ドルで9ドルの設定。おそらく、1,000円以内に収まるかと思います。

ぜひ、読んでみてください。

そうして、率直なご感想や「Amazonレビュー」へのご投稿を、心からお願いし、かつ心待ちにしております。

              2019年3月吉日 Crazy Dragonことクンター吉田 敬白

※日本の販売ページはこちらから。
https://www.amazon.co.jp/dp/B07P6TWWH8/ref=sr_1_1?s=books&ie=UTF8&qid=1551400918&sr=1-1&keywords=Kindle%E7%89%88%E3%80%80%E7%8B%82%E9%BE%8D%E3%80%80%E3%82%AF%E3%83%B3%E3%82%BF%E3%83%BC%E5%90%89%E7%94%B0&fbclid=IwAR2mysLSYfGBo43OwW9bp_EONWJz4juqmFzFCcjcZZEsUxkxcWYkNUpf_hw