表紙決定画像

 
 今やわが“主力メディア”となった感のあるFacebookに関する話題なのですが。

 カバー肖像画の右脇に入る「Khuntaa Yoshida」の下の括弧付きニックネーム、一昨日から怪しげな名前に変わりました。

「Crazy Dragon Kiyoshi」

 実はこれ、14年前に愛妻が旅立ったあと、異様な躁状態のもとで中国各地を暴れ回っていたころ。

 親身になって世話をしてくれた若いポンヨー(朋友)たちが、驚き、呆れ、嘆き、哀しみ・・・。

 けれど、最後には大いなる理解と親愛の情をもって、笑いながら付けてくれた愛称だったのです。

      *

 Crazy Dragon.、すなわち「狂龍」

 中国語では、クワンロンと発音します。

 私の誕生日が、坂本龍一や村上龍と同年の辰(龍)であること。しかも当時、

 「俺はブルース・リー(李小龍)の直弟子だ!」などと馬鹿なことを吹聴して回っていたので。

 自然と、そんな格好いい(けれど中国人にとっては不吉な)愛称になったという次第。

     *

 でも、本来ならばですよお。

 こんな不吉な渾名なんぞ、最近私のスマホを勝手に持ち出して、チェンマイ各地で素敵、も、もとい、下手くそなナンパ(?)ルポや「免許証取得悪戦苦闘実況中継ルポ」などを行っている「不肖腹違いの双子の弟・Kiyoshi Yoshida」にくれてやりたかったのですが。

 どうも、その不穏な素性がFacebookさんに嫌われたようで、どうしても名前の変更ができません。

 やむなく、こんな怪しい名前には今やまったく似つかわしくなくなった、品行方正かつ高潔なる21世紀最大・最高峰の哲学者的人格者であるところの、畏れ多くもかしこくも、オッホン、ケッホン。

 全員、起立! 礼! 着席!

 わが親愛なるご教祖さまであらせられまするところの、ああ、口にするのももったいない。

輝けるわれらが偉大なる指導者、キム、も、もとい、激しく、もとい!

 Kuntaa Yoshida大先生のニックネームとして、使わせていただくことになったのでありますよお。

     *

 性格に書けば「Crazy Dragon Jiitian」

 つまり、「狂龍吉田」ということになるのですが、中国語を解さない日本人や外国の友人には、訳が分からない。

 そこで、英語圏の友人の呼びかけとなるファーストネームを取って、「Crazy Dragon Kiyoshi」という按配に落ち着いた次第でござりまするう。

 やれやれ、朝から長い文章になってしまったわいなあ。

 おっと、そろそろ、10時から始まる免許証取得学科試験に備えた予習をしなければ。

 今日の「ダブル免許取得悪戦苦闘実況ルポ!」は、不肖の弟「Kiyoshi Yoshida」のFacebookページを見てくださいな。

     *

 なお、この狂わしくも痛快だった狂躁の時代を描いた大傑作小説(ホンマでっせ)『狂龍(クワンロン)』、Kindle版で間もなく販売します。

 必ずや予約購読してくれるだろう(むふふ)ブログ&Facebook仲間の皆さんだけに、表紙に使用予定の秘蔵写真を大公開!

★チェンマイで運転手付きワゴン車&乗用車が必要になったら!
【連絡先】 SV GLOW Co., Ltd.
*クンタ—直通電話 09-3291-0786
*e-mail : bestdrive-chiangmai@yahoo.co.jp
*URL : https://www.facebook.com/kunta2627/?modal=admin_todo_tour

★あなたのワンクリックが爺様の狂奔サバイバルを救う!?
 今日も応援クリックをよろしく!

アジア(海外生活・情報)ランキング

★クンター、今日のお薦めです。