村の衆

「ああ、いい風ですねえ」

 鹿児島からのゲスト、Aさんはそう言いながら山の端に目をやった。

 なんでも、風の匂いが似ているのだという。

 教師をリタイア後、祖父母が遺した土地と家を守り田舎暮らしをしているのだそうな。

      *

 「それにしても、久しぶりにのんびりできました」

 なにせ、1ヶ月以上滞在していたバンコクでは、連日連夜コンサートに通い詰めていたのだそうだ。

 「ルゥクトゥーン」と呼ばれるタイ歌謡曲の大ファンなのである。

 ここ数年に及ぶタイ旅行は、すべてコンサート追っかけのために費やしてきたという。

 私はその世界にまったく疎いのだが、収録ビデオを見せてもらい、これまでに何枚かCDを買った女性歌手がこのジャンルの歌い手であることを初めて知った。

 ポップスやロックとは異なる大衆的な歌謡曲という位置づけで、バックダンサーと共に歌い踊るのが特色だという。

 かつては日本の演歌に通じる歌詞や曲調が多かったそうだが、最近ではポップスとの融合も進み、かなり洗練されてきた様子。

 だが、大衆に溶け込むという姿勢は変わらず、会場も都心のコンサートホールなどではなく、郊外のお寺、ショッピングセンターの駐車場や空き地などが多用されるという。

     *

 お寺ではむろんタンブン(功徳・寄進)が主な目的となり、企業や檀徒がスポンサーとなる。

 富裕者が、自らの得度を祈念して個人で有名歌手を呼ぶケースもあるという。

 従って、入場料は基本的にタダ。

 時に、椅子代として20バーツを支払う程度なのだそうな。

 かくして、庶民たちはテレビでも知られる有名歌手の生の歌と姿に無料で触れることができる。

 警備も驚くほど緩やかで、サインやツーショット撮影にも気軽に応じてくれるのだそうだ。

 Aさんなどツーショットはおろか、楽屋での歌手との交流やレコーディング風景の見学なども体験しているという。

 それにしても、すさまじいほどの執念、もとい情熱である。

 日本からこれほど熱心に通い詰めてくれるファンがいるなんて、 ルゥクトゥーンの歌い手たちも歌手冥利に尽きるのではあるまいか。

      *

 そんな話をしていると、ついつい夜の酒が進んでしまう。

 ルゥクトゥーンの歌詞に自分の来し方を重ねることの多い嫁も、大喜びだ。

 翌朝は薄曇りだったが、川沿いの道を歩いて棚田や360度の眺望が広がる高台に案内した。

 午後になって、増水して迫力を増した滝に案内すると綺麗な青空が広がった。

 迂闊にもカメラを忘れてしまったのだが、おかげで往路には、田植えで緑濃くなった棚田の大眺望を楽しんでもらうことができた。

 ビールと焼酎が、またまたうまい。

 主な話題は、むろんルゥクトゥーンの世界である。

      *

 翌朝、8時発のバスに乗り込むAさんを見送った。

 一泊するチェンマイでもルゥクトゥーンの情報を集め、できればコンサートに。

 翌日飛ぶバンコクでも、最後の夜のコンサートを楽しみたいという。

 そして、年末には再びタイにやってきてコンサートの追っかけツアーを敢行する予定。

 チェンマイでの追っかけを実現させて、ぜひオムコイ再訪も。

 そんな話を交わしながら、固い握手を交わした。

※旧ブログから見つけた最初の訪問時の記事を再録して、亡きAさんに捧げます。

*もしも、チェンマイで運転手付きワゴン車&乗用車が必要になったら!
【連絡先】 SV GLOW Co., Ltd.
*日本語専用電話 09-3291-0786 (広報支援ボランティア直通)     
*日本語専用e-mail : bestdrive-chiangmai@yahoo.co.jp
*URL : https://www.facebook.com/kunta2627/?modal=admin_todo_tour

★あなたのワンクリックが哀愁の爺様を救う!?
 今日も応援クリックをよろしく!

アジア(海外生活・情報)ランキング

★クンター、今日のお薦めです。