カオマンガイ


 “究極のカオソーイ屋”が、ついに復活した。

 車線をはみ出して来た対向車を避けようとしたクルマが暴走して、店先の鉄柵をコンクリートの根元ごと破壊してから幾星霜(?)

 爺様はカオソーイを食べられずに、半死半生の目に遭ったのだが・・・。

 田舎町の総力を結集した再建工事は日々順調に進み。

セメント袋

柱型枠

ブロック積み
セメント練り

ブロック内部


 正しく言えば、この「“究極のカオソーイ”も何気なく出しちゃう大衆食堂」は、なんと図々しくも雄々しくも能天気にも、柱のセメント打ちが終わった事故の翌日から、堂々と営業を開始したのであった。

 ハハハ。

 つまり爺様は、読者の皆様が胸を痛めていた休業のその翌日から、まあ、なんとも抜け抜けと、舌とろかす “究極”のカオソーイやイエンタフォーやカオマンガイを、毎日がつがつと優雅に食べ続けていたのであります。

 ムフフフ。

 ざまあご覧におあそばせませ!(「お気の毒に」という意味の大和言葉でありんす)。

     *

 さてさて、“究極のカオソーイ屋”は、再開後もきわめて元気であります。

 いや、なんだかますますパワーアップしたみたいで、心なしか生麺と揚げ麺とトッピング野菜の盛りがググンと増したような異様な迫力で迫って来るんですなあ、これが。

カオソーイ1

カオソーイ2

カオソーイ3


 爺様、「もう、いつ死んでもいい」と涙で呟く幸せなる日々。

 しかし、人間、いくらうまいからといって、いつもいつもカオソーイばかりでは、死んでも死に切れません。

 ん?

 だから爺様、このごろは急に変節して“究極のカオマンガイちゃん”にお熱をあげているんですう。

 うふ〜ん♪

      *

 カオマンガイは、まあ、ひとことで言えば「蒸し鶏の飯上載せ」ですな。

 それに、鶏ガラスープと茶色の唐辛子タレが必ずセットでついてくる。

ソースかけない


 3品がテーブルに届いたら、先ずはフォークを皿の左脇に背を上にして立てかけ、右手にスプーンを持って熱々鶏ガラスープを優雅に啜ります。

 タイ人は上品だから、器はテーブルの上に置いたまま、背を伸ばしてスープをすくったスプーンの先を口先にもって来るようにして、決して音を立てることはありません。

 ここで味噌汁を食べるときのように器をつかみ、ずるずると音を立ててしまえば、チェンマイにおけるあなたの人望は、瞬時にガラガラと音を立てて崩れ去ることでしょう。

 ああ、ナマンダブ、ナマンダブ。

     *

 さて、スープをひとくち、ふたくち味わったらば、いよいよ、ご飯の上に鎮座するご本尊に取りかかります。

 普通のタイ人は、食べるだけの分量の鶏に小皿から茶色のタレを少しずつすくってまぶしながら食べておりますな。

 しかし、これでは蒸したブロイラーや細長いタイ米といったちょっと匂いのある大衆食材を十二分には活かしきれない。

 そこで普通のタイ人でも、普通の日本人でもない爺さまは、そのタレを鶏肉の上全面に一気呵成にぶちまけてしまう。

カオマンガイ


 なぜか?

 それはこの店が、そのタレの中に擂り下ろした生姜を混ぜ込んでおり、実に良い薫りがするからであります。

 おろし生姜はいわゆる「匂い消し」の役割も果たすのであるからして、この豪快な手法がブロイラーとタイ米の負の匂いを一気に消し去り、むしろ混血による新たな正の薫りを高めるという驚くべきミックス効果を発揮するのであるのである。

     *

 かくして、またしてもチェンマイ市街地にある有名店のカオマンガイなんぞ、鼻の先でせせら笑いたくなるほどに舌をとろかす“究極のカオマンガイ”が、この地上に平和をもたらすべくと神々しく降臨するのであった。

 むふ〜ん。

 爺様、ホントにもういつ死んでもいい。

 さよなら、さよなら、さよなら。

 でも、明日の昼は何を食べようかな?

 悩んじゃうよなあ。

*もしも、チェンマイで運転手付きワゴン車&乗用車が必要になったら!
【連絡先】 SV GLOW Co., Ltd.
*日本語専用電話 09-3291-0786 (広報支援ボランティア直通)     
*日本語専用e-mail : bestdrive-chiangmai@yahoo.co.jp
*URL : https://www.facebook.com/kunta2627/?modal=admin_todo_tour

★あなたのワンクリックが飢えた爺様を救う!?
 今日も応援クリックをよろしく!

アジア(海外生活・情報)ランキング

★クンター、今日のお薦め。