姉ちゃんと

 昨夜10時、ベッドに入る直前になって。

 オムコイの病院で処方してもらっていた睡眠剤が、一粒も残っていないことに気がついた。

 あちゃ〜、参ったなあ。

 どうしよう?

     *

 オムコイを去ってからのこの一ヶ月。

 薬を飲んでも、3〜4時間しか眠れない日々が続いている。

 時には、一睡もできない夜もあった。

 これで薬がなかったら、一体どうなるのだろう。

 またもや、一睡もできないことになろうのだろうか。

      *

 だが、この時間になってあれこれ考えても仕方がない。

 晩飯のときに、少しばかり(?)たっぷりとウイスキーを飲んだせいか、いまは猛烈な眠気に襲われているのだ。

 ええい、思い切って寝てしまえ!

 ひるむ自分を叱りつけて、勢いよくふとんを引っかぶった。

      *

 眠りは、意外に早くやってきたようだ。

 夢も、見なかった。

 ハッと目が覚めて時計を見ると、まだ2時半。

 うーん、たった4時間半かあ・・・。

 トイレに立って寝直そうとしたが、もうどうにもならない。

 諦めて顔を洗いに行くと、洗面所の鏡に映った自分の顔がひどいことになっている。

 両目のまぶたが腫れ上がり、目の下のいわゆる「目袋」が隈になって浮き上がっているのだ。

 ついでに、眉毛の白髪も増えている。

 お早う、ハンサムくん!

      *

 だが、考え直してみれば、薬なしに4時間半も眠れたということは、大いに喜ぶべき「事件」ではあるまいか。

 睡眠剤をいつから処方してもらうようになったのか、正確なところはよく思い出せない。

 しかし、薬なしでは眠れない日々は、おそらく2年近くも続いてきただろう。

 あまりにも理不尽な事態が相次いでストレスが重なり、薬を飲んだ上に村の強い焼酎をさらにあおる、という滅茶苦茶な時期もあった。

 そして、ついに病に倒れた。

 だから、たとえ4時間半でも睡眠剤なしで眠れたことは、実に久しぶりの「快挙」と言うべきなのである。

 バンザーイ!

      *

 実は、つい先日の事なのだが。

 数十年前の理不尽な離婚以来、不眠と鬱と絶え間ない体調不良に苦しめられながら、今なお働き続けている心優しくも芯の強い姉から、こんなメールが届いていた。

「つい最近、私はようやく睡眠薬から離脱することができました。あなたにも、ぜひ、そうなって欲しいと心から願っています」

 ありがとう。

 ばってん、姉ちゃん、やったとばい!

 僕も、ついに薬なしで眠れたとよ!

 目の前に姉がいたら、抱きついてそう報告したい気分の朝である。

     *

 じっとしていられないので、ドアを開けて外に飛び出した。

 午前5時のいまの気温は25℃。

 風の冷たかった昨日とは違って、ゆるやかな朝の冷気が心地よい。

 まだ空に星はまたたいているが、そろそろウオーキングに出ようか。

      *

 おっと、その前に一服だ。

 今日も元気だ、煙草がうまい!

 ん?

 「高血圧のくせして、このバカタレが! 酒も煙草も、さっさと止めにゃんたい!」

 苦笑しながら優しく叱る姉の声を、聞いたような気がした。

「は〜い!」

 ちなみに、冒頭写真の下の上品なお坊っちゃまが私、隣りの愛らしい裸のお嬢ちゃんが姉である。

※皆様の応援のおかげで、「人気ブログランキング(アジア)」の部では一位を独走中です。さらに大きなカテゴリーである「海外生活・情報(854人参加)」でも18位、日本も含めた「地域情報(3265人参加)」でも30位まで辿り着くことができました。別に賞金がもらえるわけではありませんが(笑)、書く上での大きな励みになっています。今後とも、変わらぬご声援をよろしくお願いいたしますばい!

*もしも、運転手付きワゴン車&乗用車が必要になったら。
【連絡先】 SV GLOW Co., Ltd.
*日本語専用電話 09-3291-0786 (広報支援ボランティア直通)     
*日本語専用e-mail : bestdrive-chiangmai@yahoo.co.jp
*URL : https://www.facebook.com/kunta2627/?modal=admin_todo_tour

★あなたのワンクリックが爺様を救う!?
 今日も応援クリックをよろしく!

アジア(海外生活・情報)ランキング

★クンター、今日のお薦めです。