チェンマイで悠々として急げ!

カレン族の村から迷い出たクンター(爺様)のよれよれ、とぼとぼ「再生記」

1


「狂恋 in 立山」と題したAmazonの読者レビューには、大いに励まされた。
 
 書いたのは安曇野在住のノンフィクション・シンガーソングライター、義田バサラ氏だ。

 正直に言えば、5月に出版した電子書籍『狂恋 in ニューヨーク』は自信作とは言えなかった。

 最後の最後まで、フィクションにするか、ノンフィクションで行くか、迷いがあったからである。

 そして、結局は「自分の書きたいように書く」というこだわりに従って、10数年前のニューヨーク体験にケリをつけることにしたのだ。

 そのヤケクソとも言える決断によって、『「遺された者こそ喰らえ」とトォン師は言ったータイ山岳民族カレンの村で』『狂龍(クワンロン)』『狂恋 in ニューヨーク』の“海外迷走3部作”はついに完結を見た。

 このわがままな作品提示を、バサラ氏は丸ごと受け止めてくれた。

 瑕瑾と思える箇所ですら、独自の感性で見事に掬い上げ、かつ救い上げてくれた。

 芝居や音楽なら、その場で見る人、聴く人の反応を知る事ができる。

 しかし、書くという行為は実に孤独な作業である。

 だからして、たった一人でも書き手の理解に努めてくれる読者がいるという事実は、限りない勇気を書き手に与えてくれるものである。

 極論すれば、「これで、いつ死んでもいい」と思わせてくれるのだ。

 そして、その思いは、また再び孤独な作業に没頭するだけの力へと変わってゆく。

 つまり、この読者がいる限り私は書き続けなければならないのである。

      ******************

「狂恋 in 立山」by義田バサラ

標高2450m。立山の主峰雄山の中腹に日本で一番星に近い駅「室堂」がある。
男はその場所で現在と過去の区別もつかないまま、彼女という未来の扉を開く鍵を探し続けている。

男は58、彼女は22。そして、それはまさしく「狂恋」・・・。

「共生と再生」という旗印をかかげ、作家は時に雄々しく、時に女々しくジュディという宝石を探し求める。漸く手に入れた安寧の時は、まるで驚いた猫のように一瞬で姿を消してしまう。それでも、作家は傷だらけの4回戦ボーイのように運命の糸をたぐり寄せようとする。

しかし、作家の戦いはあっけなく終わる。そこには有り体の恋愛小説に不可欠な圧倒的なトラジティも心踊るハッピーエンドも存在しない。ニューヨークのホテルの一室のベッドの上に引かれた作家とジュディとの境界線。作家はそれこそが二人の魂の境界線だったと気づいたのではあるまいか。3度目のニューヨーク行きを実行する気さえ失せる程に。

そして、ノンフィクション・ノベリストとしての作家の真骨頂もここら辺りにあるような気がするのは私だけだろうか。フィクションに慣れた私はどうしても絵に書いたような結末を求めてしまう。作家はいつもそいつを裏切って見せる。

ノンフィクションに結末などありはしない。
強いていえば、今、今日この時を生きることこそが結末なんだと。

★クンター、本日のお薦め!

 
講義会場

 かつて、ミャンマー国境に近いカレン族の村で暮らしていた爺様自身が、“ミャンマーの今を知りたい”と無い智恵絞って企画した「チェンマイわいわい映画塾」。

 なんと、7月28日の当日には『一杯のモヒンガ—』を監督した北角裕樹さんが、ヤンゴンから手弁当で空を飛んでやって来てくれることになりました。

 わあ、大変だ、どうしよう、どうしよう、誰も見に来なかったらどうしよう!?

 パニックになりかけた爺様に、今度は情報紙の『CHAO(ちゃ〜お)』が温かい後援の手を差し伸べてくれました。

 7月10日発行の次号にも続報が掲載されます。

 なお、北角さんがヤンゴンで展開する幅広い文化事業については「ヤンゴン編集プロダクション」でサイト検索してみてくだされい。

*************

ちゃ~お(Chao)https://www.facebook.com/chao.chiangmai/

■第1回チェンマイわいわい映画塾開催

~見たい、気になる、あの人にも見せたい・・・そんな映画を一緒に見て、語って、ちょっぴりお勉強~
 
★第1回上映作品は、日本人若手監督による「日麺合作映画二本立て」です。
★当日は『一杯のモヒンガ—』の北角裕樹監督(ヤンゴン編集プロダクション代表)が、ヤンゴンから駆けつけてくれます。映画作りを含めたミャンマーの最新文化事情を知る絶好のチャンスです。

★2作品とも「2019年東京映画祭新人監督賞入選」など、数々の国際賞を受賞しています。
★参加費は無料。16席限定ですので、予約はお早めに。なお、 上映終了後は近くのお店で懇親会を予定しています。

【上映作品】

①『一杯のモヒンガ—』(北角裕樹監督・28分)
 ミャンマーの伝統的麺料理「モヒンガ—」作りを通じて父親の復讐を目論み、悪の巨大組織に挑む若い料理人のとんでもない料理バトルを描くコメディ映画。
 2018年夕張映画祭招待作品。ニューヨーク映画賞最優秀パロディ賞受賞。日本語字幕付き。

②『アンセスターズ・メモリーズ』(茂野新太監督・48分) 
 ミャンマー舞台のドキュメンタリー映画。日本人とミャンマー人の学生が「戦争と旧日本軍」の記憶を求めて、高齢証言者や慰霊地を訪ね歩く旅へ出た。そこで彼らが聞き知った「戦争の姿」とは? 
 2019年3月期ロサンジェルス映画賞で最優秀中編ドキュメンタリー賞受賞。日本語字幕付き。

【日時】7月28日(日)14:00~17:00
【場所】パンティッププラザ3階「タイ語学校TSL」受付左隣り教室にて。
【予約】kuntaa.yoshida@gmail.com(吉田)
【後援】CHAO(ちゃ〜お)、タイ語学校TSL

※一杯のモヒンガー予告編

https://www.youtube.com/watch?v=B1CIZHtaNrY

※「アンセスターズ・メモリーズ」予告編
https://www.facebook.com/watch/?v=398909570942125

★クンター、今日のお薦めです。
狂恋 in ニューヨーク (旅する人に贈るノンフィクション文庫)

講義会場



*後援:情報紙『CHAO(ちゃ〜お)』、タイ語学校TSL*

★見たい、気になる、人にも見せたい・・・そんな映画を一緒に見て、語って、ちょっぴりお勉強。

☆参加費無料。

★開催は7月28日(日)午後2時〜5時(無事終了後は近くの店で懇親会を予定)。

☆会場はパンティッププラザ3階のタイ語学校TSL受付左隣り教室にて(冒頭写真が会場になる教室です)。


《第一回上映作品は日本人若手監督による“日麺合作映画二本立て”》

①『アンセスターズ・メモリーズ』(茂野新太監督・48分)
 ミャンマー舞台のドキュメンタリー映画。日本人とミャンマー人の学生が「戦争と旧日本軍」の記憶を求めて、高齢証言者や慰霊地を訪ね歩く旅へ出た。そこで彼らが聞き知った「戦争の姿」とは? 2019年3月期ロサンジェルス映画賞で最優秀中編ドキュメンタリー賞受賞。日本語字幕付き。

②『一杯のモヒンガ—』(北角裕樹監督・28分)・・・ミャンマーの伝統的麺料理「モヒンガ—」作りを通じて父の復讐を目論み、悪の巨大組織に挑む若い料理人のとんでもない料理バトルを描くコメディ映画。2018年夕張映画祭招待作品。ニューヨーク映画賞最優秀パロディ賞受賞。日本語字幕付き。

★2作とも上記以外に「2019年東京映画祭新人監督賞入選」など数々の国際賞を受賞しています。

☆ミャンマーに詳しい謎のゲスト講師も招く予定です。

★予告編はこちらから。
https://www.facebook.com/watch/?v=398909570942125
https://www.youtube.com/watch?v=B1CIZHtaNrY

★16席限定。予約はお早めにメールにて! メッセンジャーでもどうぞ。 
 blastk2626@yahoo.co.jp (吉田)

昆虫色モスラ焼き


最近、「昆虫食」というのが世界的なトレンド(?)になっているらしい。

日本でも、わざわざレストランなどを借りて「お洒落な昆虫食パーティー」などをやっている人たちがいるようだし。

呆れたことに、「昆虫食自動販売機」なるものも急増しているそうだ。

発想の源は、将来の食料危機を見越したところにあるのだという。

    *

まあ、私自身、11年間暮らしたカレン族の村でさまざまな昆虫を食べてきた。

セミ、五本角カブト虫、オオコオロギ、竹虫、芋虫などなど。

そして、7年前に出版した『「遺された者こそ喰らえ」とトォン師は言ったーータイ山岳民族カレンの村で』(晶文社)という本の中でも、その栄養価分析レポートを紹介したり、冗談混じりに昆虫食を勧めたりしている。

しかし、現在になって、その行為がいかにも今後の食料危機を救うような論調で語られたり、その味を「おいしい、美味だ」などと手放しで褒めたりしている文章を読むと、「こきやがれ!」と呟きつつ苦笑せざるを得ない。

    *

少なくとも、私の食った昆虫は「オオコオロギのナムプリック」を除けば、決して美味いものではなかった。

そして、前述した各種の昆虫を獲るのは、夜間に村の外灯に集まって来るセミの捕獲を除けば、決して安全で容易なものではなかった。

昆虫が棲むタイの山奥には、今でもコブラなどの毒蛇やムカデ、毒蛾、各種の毒虫などが無数に棲んでいるのである。

それは、欧米や日本でも事情は同じだろう。

まさか、パリやニューヨークや東京で暮らすトレンドメーカーたちが、毎朝毎晩、自分で捕まえた昆虫を自分自身で調理するわけではあるまい。

従って、昆虫食を語るためにはまず、「一体、どこで、誰が、そんな大量の昆虫を捕まえるのだ?」という根本的な問題を解決しなければなるまい。

その問題に真摯に目を向けることなく、実際にタイからも日本に輸出されている「昆虫食」もどきを自動販売機で買って食すなどという行為は、失礼ながら「しゃらくさい」と言わざるを得ないのである。

★チェンマイで運転手付きワゴン車&乗用車が必要になったら!
【連絡先】 SV GLOW Co., Ltd.
*日本語電話 09-3291-0786
*e-mail : bestdrive-chiangmai@yahoo.co.jp
*URL : https://www.facebook.com/kunta2627/

★クンター、今日のお薦めです。



3

★Kindle版電子書籍第三弾、わが誕生日を記念して5月9日(木)に自動配信します。同時に発売開始です。

★3月10日に刊行した近作『狂龍(クワンロン)』では、「中国雲南省の納西族との交流が唐突に終わったのは残念」という感想を多数いただきましたが、その理由と経緯がこの新作に描かれています。

★チェンマイの山奥を舞台にした『「遺された者こそ喰らえ」とトォン師は言ったータイ山岳民族の村で』、中国を舞台にした『狂龍』、そしてこの2作に連なる『狂恋 in ニューヨーク』。妻の死を契機に始まった“迷走と定住に至る海外3部作”、ひとまずの完結です。

★待望の声が強い『遺された者〜』の続編は、別の形で準備を進めています。乞う、ご期待!


【海外からの予約注文・購読はこちらから】

★タイやアメリカなど、海外からの予約注文や購読は英語圏Amazon.comの扱いになります。

★お手数ですが、こちらの販売画面からお願いします。

https://www.amazon.com/Crazy-love-Nonfiction-Pocket-Japanese-ebook/dp/B07R9SRMG8/



水掛け起源

本尊の右手から伸びた白木綿の聖糸が「毎日の仏像」につながり。

そこから、「日曜日」「月曜日」・・・と曜日ごとの守護仏に繋がってゆく(水曜日は昼と夜の2仏がある)。

先ずは、かつて見た中で一番ハンサムと思われる本尊仏像に入念にお参りしてから、「毎日の仏像」の肩に水をかけて浄める。

IMG_25620413_075933

曜日仏

子供と爺様


そして、自分の生まれた曜日の守護仏像に賽銭をあげ、やはり水で浄めて、特に「宝くじ当選祈願」に力を込めた。

ちなみに、私の誕生曜日は金曜日で立像だ。

本当は、火曜日の「寝釈迦」が性分に合っているのだがなあ。

土曜日から


格好良さでは、蛇神を背負った土曜日の「ナーダ仏」が一番だ。

これこれ、不信心者は、これだからいけません。

★チェンマイで運転手付きワゴン車&乗用車が必要になったら!
【連絡先】 SV GLOW Co., Ltd.
*日本語電話 09-3291-0786
*e-mail : bestdrive-chiangmai@yahoo.co.jp
*URL : https://www.facebook.com/kunta2627/

★あなたのワンクリックが爺様のサバイバルを救う!?
 今日も応援クリックをよろしく!

アジア(海外生活・情報)ランキング

★クンター、今日のお薦めです。
狂龍 (Asia Fiction Pocket Book)
吉田 清
CRAZY DRAGON PUBLISHING
2019-03-10


トゥン


週末の13日から始まるソンクラーンに備えて、近所のお寺でも準備が始まっている。

色とりどりの旗のようなものは「トゥン」と言って、干支が描かれたタイ式の幟である。

干支のぼり


これには「先祖供養」の意味合いが込められ、まだ昇天できない迷い霊を改めて空へ送るという役割も果たすらしい。

川から運んだ砂で作る「砂の仏塔」には、土地に感謝するという意味が込められ、信徒の足裏について外に運ばれた土や砂を新年にお寺に戻す、という意味合いもあるらしい。

砂のチェディ


かつて住んでいた山奥の寺では、14日に多数の信徒がそばの川からバケツで砂をすくい運んで来ては、巨大な砂の仏塔を作っていた。

これもタンブン(功徳)の一種で、吉数の「3度運びタンブン」をやれば、重くて足腰がヘロヘロになった。

この「砂運びタンブン」を3年連続で一緒にやった爺様の良き理解者「ぷよよさん」も、今は亡い。

      *

残念なことに、この郊外田舎町の寺そばには砂が運べるような広い川はない。

いや、遊歩道のそばの小さな川からは掘れそうだったが、今は3面舗装のために大工事中だ。

だから、どこかから運んできた砂を効率よく使う為に、こうしてブリキの板で囲ったのかもしれないなあ。

★毎日更新のFacebookはこちらから。
www.facebook.com/kiyoshi.yoshida.752

★チェンマイで運転手付きワゴン車&乗用車が必要になったら!
【連絡先】 SV GLOW Co., Ltd.
*日本語電話 09-3291-0786
*e-mail : bestdrive-chiangmai@yahoo.co.jp
*URL : https://www.facebook.com/kunta2627/

★あなたのワンクリックが爺様のサバイバルを救う!?
 今日も応援クリックをよろしく!

アジア(海外生活・情報)ランキング

★クンター、今日のお薦めです。
狂龍 (Asia Fiction Pocket Book)
吉田 清
CRAZY DRAGON PUBLISHING
2019-03-10


解散前集合写真

 去る17日のことだが「チェンマイ戦没者慰霊祭実行委員会」が呼びかけている3カ所の慰霊碑・塔の清掃活動に参加した。

 毎週土曜市が開かれるWualai Rd.にあるWat Muen San(ムーンサーン寺)敷地内の野戦病院跡「戦没者慰霊碑」。
ムーンサーン寺慰霊碑

慰霊碑お詣り


 そこから1時間ほど走ったところにあるメーワン郡のバーンガート中・高併設校敷地奥にある「戦没者追悼碑」。
th_IMG_2869

th_IMG_2872


 そして、戦後も日本に戻らず、スーパーハイウエイ建設などに尽力したという“残留日本兵”藤田松吉氏(故人)が自費で戦友の遺骨を収集し建立したランプーンの「戦没勇士慰霊塔」。
th_IMG_2877

th_IMG_2931


 3カ所の碑や塔、ムーサーン寺の資料館などを洗い清めているうちに、なんだか不思議な力が湧いて来るのを感じた。

 そうして、新たな人との出会いによる不思議な縁や繋がりの広がりもまた。

★「チェンマイ戦没者慰霊祭実行委員会」サイトURL
https://chiangmai-memorial.jimdo.com/

★近況は、こちらから。Facebookは、毎日更新しています。
https://www.facebook.com/kiyoshi.yoshida.752?ref=tn_tnmn

th_子象先頭に


「キンドルとかの電子書籍読み取り機は値段も高いだろうし、自分のように目の悪い年寄りにとって、操作も含めて扱うのはとても無理だと思う。だから、あなたが頑張って書いた小説、本当に悪いと思うけどすぐには読めないよ。ごめんね」

 私の姉も、こんな風に言ってきました。
 でも、これは完全な誤解です。

★Kindle版は、お手持ちのパソコンやスマホでも快適に読むことができます。
★無料の読書アプリで、まるで紙の印刷本のような体裁になります。クリックで、ページが一枚一枚めくれるのです。
★自由に文字も拡大できるので、私のようなひどい近視、乱視、老眼でも、遠近両用眼鏡をかけたままで楽に読むことができます(これは印刷本では有り得ないことでした)。
★Kindle版はわれわれ、熟年世代の読書好きにとっての福音かと思うほどです。
★根拠のない伝聞や印象で毛嫌いせずに、是非、試してみてください。間もなく、前作の無料キャンペーン、やりますから。
★パソコンやスマホの面倒な操作なんぞは、付近の若いもんにどんどん任せましょう!
★それが、現代における若いもんの唯一の存在意義です(笑)

1狂龍表紙横


お早うございます! 今朝7時の時点で、すでに27℃。

今日も、暑くなりそうです。
さて、今日はかねてからお知らせしてきた新作小説『狂龍(クアンロン)』(Kindle版)の発売日です。

★日本から購読する場合
https://www.amazon.co.jp/dp/B07P6TWWH8/
★タイ、アメリカなど海外から購読する場合
https://www.amazon.com/CRAZY-DRAGON-Fiction-Pocket-Japanese-ebook/dp/B07P6TWWH8/

☆すでに予約注文いただいた方には、本日、自動的に配信されるそうです。

☆15年前の愛妻の死をきっかけに、チェンマイの山奥のカレン族の村で暮らすようになるまでの「喪失と狂躁の時代」を、命を削るようにして描きました。

☆いわば、前作『「遺された者こそ喰らえ」とトォン師は言った』(Kindle版&晶文社単行本)の前編に当たる物語です(こちら、間もなく無料キャンペーンやります)。

☆低奏音となるテーマはシリアスですが、なにしろ「躁病期」の物語ですから、無茶苦茶なアクションシーン満載です。(あの頃、僕は強かった!)

☆文句無しの傑作です。ホンマでっせ! 九州人、嘘つかないあるよ。

☆チェンマイ・サバイバルをめざす爺様へのタンブン(喜捨)と思いみなして、是非なるご購読をお願い申し上げます。

☆辛口も含めた率直なご感想や、「Amazonレビュー」への投稿も、どうぞよしなに!

                         2019年3月吉日 クンター吉田 敬白

↑このページのトップヘ